寝屋川市香里園でのインプラント治療なら坂井歯科医院!

インプラントの症例を紹介!

♠インプラントの症例を紹介!

♣【症例1】咬合崩壊からインプラントへ

【術前の状態】

歯科恐怖症とトラウマから、治療に対する抵抗感が強くある状態からスタートしました。虫歯が多発していて、抜本的な治療計画が必要と判断されてからのインプラント提案を行った症例です。食べ物は歯茎で食べている状態で、前歯の崩壊も時間の問題という状況でした。

治療は院長が担当し、いったん部分義歯を作成。一度下がってしまったかみ合わせを元に戻しつつ、虫歯や一部抜歯が必要な歯などを順番に治療をすすめていきました。歯科治療に対する恐怖心から、当初は治療の時間や間隔を十分に取り、患者様の重荷にならないよう配慮しつつ治療をすすめました。

【術後の状態】

インプラントと前歯部の審美修復を終えた状態です。無事インプラントを上顎の左右奥歯に埋入する事ができ、前歯部も綺麗に修復する事が出来ました。この方のご年齢はまだ20代なので今後の生活面での快適性を考えた場合、非常に良い治療選択をされた症例です。

インプラントの治療は、埋め込みの治療から歯の完成まで平均して4ヶ月から6ヶ月です。治療の難易度は症例によって異なりますが、計画的に「義歯の製作→抜歯→骨の造成→インプラントの埋入オペ→完成」と、現在進行している治療の進行状況を患者様に示すと、患者様も治療の目安がつきやすくなり安心して治療に臨めます。

♣【症例2】上顎オールオン6

60代女性上顎無歯顎

オールオン6での治療症例ですが、出来るだけ自然な見た目でとの希望から、上部構造は全てセラミックで製作しました。

上部構造一つ一つにセラミックを模型上に並べていきます。自然観を損なわないよう、色合わせを患者様と相談しながら慎重におこないます。

色を決定した後、焼き上げて艶をだします(写真右)。歯茎の色も出来るだけ健康的で自然な色が出るようにハイブリッドセラミックを使用しています。

口腔内に上部構造を装着し、固定させました。久しぶりの固定された取り外しのしない歯なのですが、すぐに自分の歯のように噛めたとの事です。

総義歯→完全固定のインプラントという変化は、患者様の生活に劇的な変化をもたらします。自分の歯と遜色ない使い心地に患者様は大満足でした。


坂井歯科医院は過去に4,500本以上のインプラント治療の実績があります。

↓さらに詳しい坂井歯科医院のインプラント情報を知りたい方は、こちらをクリックしてください。電話(フリーダイヤル)での相談は無料です。

≫ 坂井歯科医院の詳細はこちら!

ページ先頭へ